PyCon Kyushu

~Prologue~

2018年、夏 Python の大型イベントが九州に
In summer 2018, a major Python event will arrive in Kyushu
@LINE Fukuoka 2018/06/30

Overview

ここ数年、機械学習やディープラーニングなどで注目が高まっている
プログラミング言語Pythonをテーマとした九州で初めてのカンファレンスとなります。
今回のテーマは、 プロローグです。
九州初のイベントですので、九州という地域の序章という意味を込めさせていただきました。
Python初心者の方から上級者まで、参加していただく方全員にとっての序章・始まりのきっかけになるような
有意義なイベントを目指してスタッフ一同、鋭意準備を進めております。

During recent years, interest in subjects such as machine learning and deep learning has been growing.
This will be the first conference in Kyushu to be held on the subject of the Python programming language.
As a consequence, the theme of the conference this year is Prologue.
The event volunteer staff are working hard to to create an event where everybody, from Python beginners to Python experts, can be inspired by the idea of a Prologue; of a beginning.
機械学習やDeepLearningなどで注目が高まっているプログラミング言語Pythonをテーマとした九州で初めてのカンファレンスとなります。
テーマは、プロローグです。
九州初のイベントですので、九州という地域の序章という意味を込めさせていただきました。 Python初心者の方から上級者まで、参加していただく方全員にとっての序章・始まりのきっかけになるような 有意義なイベントを目指してスタッフ一同、鋭意準備を進めております。
During recent years, interest in subjects such as machine learning and deep learning has been growing.
This will be the first conference in Kyushu to be held on the subject of the Python programming language.
As a consequence, the theme of the conference this year is Prologue.
The event volunteer staff are working hard to to create an event where everybody, from Python beginners to Python experts, can be inspired by the idea of a Prologue; of a beginning.

Keynote

真嘉比 愛

キーノート

真嘉比 愛 (まかび あい)

長岡技術科学大学にて自然言語処理を専攻。
卒業後は株式会社 VOYAGE GROUP に入社し、広告事業のデータ分析などを経験。
2016年に DATUM STUDIO 株式会社に入社し、2017年に沖縄に子会社としてちゅらデータ株式会社を創業。
一般社団法人 PyCon JP 理事 / PyLadies Tokyo 初代代表 / 「Python ライブラリ厳選レシピ」共著

CfP

スピーカー募集

こちらの申し込みフォームからご応募ください。
たくさんのご応募お待ちしております!!

締切: 5/20
持ち時間: トーク25分・質疑応答5分
※ 採用活動や販売促進を目的としたご応募はご遠慮ください

こちらの申し込みフォームから
ご応募ください。
たくさんのご応募
お待ちしております!!

締切: 5/20
持ち時間: トーク25分・質疑応答5分
※ 採用活動や販売促進を目的としたご応募は
ご遠慮ください

Call for Proposals

Click here to submit your proposal!
We are looking forward to listening to your talk!

Due date: 5/20
Talk timing: 25 minutes for talk and 5 minutes for Q&A.
※ Please refrain from any talks aimed at recruitment or sales promotion.

一般チケット発売開始


Ticket sales are now open

チケットの購入はこちら

You can buy tickets here

チケットの販売を開始しました!チケットの購入は、こちらのページより。
九州のPythonコミュニティをじゃんじゃん盛り上げていきましょう!!!
また、今回の会場のLINE Fukuokaは、九州の主要ターミナル 博多駅に直通しており、空港から博多駅までは地下鉄で6分という好立地!
県内からのご参加はもちろん、県外からのご参加も心よりお待ちしております!

Tickets are now available for purchase here!
Let's continue to grow the Python community in Kyushu!!!
Furthermore, the event is being held at LINE Fukuoka, situated with a direct connection to Kyushu's principle terminal, Hakata station, which itself is only 6 minutes by underground train from Fukuoka airport!
Participants from both inside and outside Fukuoka prefecture are very welcome!

Sponsor

スポンサーしていただける企業様を募集しています。
We are accepting support from sponsors.

SNS

最新の情報は Twitter

@PyConK をフォローしよう、最新の情報チェック

Follow @PyConK on Twitter to get the latest information

詳しい情報は Facebook Page

PyCon Kyushu ページをいいねしよう

Like the Pycon Kyushu Facebook page

FAQ

PyCon Kyushu とはなんでしょうか、どんなイベントにしたいですか? 一緒にイベントを作り上げませんか

Do you want to join us in bringing Pycon to Kyushu?

月に一度の定例会を行なっています、スケジュールは下記リンクを参考
Every month meetings are held. The schedule can be viewed at the link below.

PyCon Kyushu

イベントを手伝っていただけるスタッフを募集しています、下記リンク先フォームより入力できます
We are recruiting staff who are interested in helping out. You can apply using the form linked below.

スタッフ申し込みフォーム
Staff application form

Python は日本より海外の方が圧倒的ユーザー、支持者が存在します、このイベントは国際的な交流が期待できます
Python has users and supporters throughout the world. We anticipate this event to be an opportunity for international exchange of experience and ideas.

過去100年の間にハードウェア大量生産の技術力は飛躍的に進化しました、ともないハードウェアをコントロールするソフトウェアの開発技術は日進月歩です、最先端に触れる絶好のイベントとなります
During the past century the level of technology related to hardware mass production has increased significantly. Accompanying this, the development of software used to control this has steady increased in power and complexity. This event sits at the forefront of such cutting-edge development.